予防医療

TOP > 診療案内 > 予防医療

ワンちゃん・ネコちゃんの病気を予防しよう

ワンちゃん・ネコちゃんの病気を予防しよう

コリーヌ動物病院ではワンちゃん・ネコちゃんの健康を守るため、積極的に予防医療に取り組んでいます。予防医療をキチンと受けて、彼らを恐ろしい病気から守ってあげてください。

混合ワクチン接種

ワンちゃん:6,000円~

2種混合 犬ジステンパー・犬パルボウイルス感染症
5種混合 犬ジステンパー・犬伝染性肝炎・犬アデノウイルス2型感染症・犬パラインフルエンザ・犬パルボウイルス感染症
6種混合 犬ジステンパー・犬伝染性肝炎・犬アデノウイルス2型感染症・犬パラインフルエンザ・犬パルボウイルス感染症・犬コロナウイルス感染症
8種混合 犬ジステンパー・犬伝染性肝炎・犬アデノウイルス2型感染症・犬パラインフルエンザ・犬パルボウイルス感染症・犬コロナウイルス感染症・レプトスピラ(カニコーラ・イクテロヘモロジー)感染症

ネコちゃん:5,000円~

3種混合 猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・猫汎白血球減少症
5種混合 猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・猫汎白血球減少症・猫白血病・猫クラミジア感染症

PAGE TOP

フィラリア症予防

フィラリア症予防

フィラリア症とは、蚊によって媒介される30cm程度の糸状の寄生虫「フィラリア」が心臓や肺に寄生することで発症する病気です。血液循環や呼吸器官などに様々な障害が引き起こされ、最終的には死に至ります。フィラリアに寄生されているのに気付かず放置してしまうと症状が悪化してしまうだけでなく、他の犬や猫、まれに人間にまで被害が広がる恐れがあります。

フィラリア症予防の前に……
投薬はフィラリアの感染の有無を検査してからとなります。感染に気付かず投薬を開始してしまうと、重大な副作用(ふるえ・虚脱・嘔吐・ショック死など)を引き起こすことが考えられます。
フィラリア症予防薬の種類
  フィラリア ノミ マダニ お腹の虫 投与方法 投与間隔
回中 鉤虫 鞭虫
モキシハードタブ × × × × × 飲み薬
(お肉タイプ)
1ヶ月に1回
カルドメック
チュアブルP
× × × 飲み薬
(お肉タイプ)
1ヶ月に1回
プロハート12 × × × × × 注射 12ヶ月有効
レボリューション 滴下式 1ヶ月に1回
ネクスガードスペクトラ 飲み薬
(お肉タイプ)
1ヶ月に1回
※△はアメリカで効果が確認されています(日本での効果は未承認)
投薬期間
地方または地域により異なりますが、投薬期間は5~12月までです。4月から投薬を開始しても問題ありませんが、11月で投薬を止めずに12月まで続けてください。

PAGE TOP

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射は「狂犬病予防法」により年1回の摂取と届け出(生涯に1度)が飼い主に義務付けられています。なお飼い主が変わった場合、住所変更をした場合、登録犬が亡くなった場合は新たに届け出。

注射料:2,950円
以下の金額をふじみ野市保健所への登録料としてお預かりします
既登録犬の場合:済み票交付代として550円
未登録犬の場合:新規登録+済み票交付代として3,550円
※済み票・鑑札は後日郵便でお送りします。なお、登録代行はふじみ野市・川越市にお住みの方のみに限らせていただきます。登録代行地域以外にお住まいの方、お急ぎの方、お手続きを直接希望される方には、注射料のみを頂戴して狂犬病予防接種証明書をお渡ししますので、手続きはお住まいの市区町村にてお願いいたします。

PAGE TOP

お問い合わせフォームはこちらから
お気軽にご連絡ください 049-257-5470